スポンサーリンク

ベンチャー企業のすすめ

企業法務

すっかり更新ペースが月一以下になってきました。これまで、大手法律事務所を辞めてベンチャー企業に移転するまでのいきさつを語ってきたわけですが、今回の記事は、タイトルのとおり、「悪いことは言わん、ベンチャー企業はやめておけ」という話です。

 

大手法律事務所から行くベンチャー

一口にベンチャーといってもそのステージによって色々と違ってきますが、大手事務所から転職するにあたって割と現実的なのは、商品・サービスの黒字化もある程度目途が立ち、上場が見えてきているレイトステージのベンチャーであることが多いでしょう。それ以前のベンチャーは、法務を内製化するほどの余裕や意識があるケースも稀で、待遇面でも目線が合わないかと思います。

そういったレイトステージのベンチャー企業での具体的な待遇の話をすると、甘めにみて800-1200といったレンジが現実的ではないでしょうか。ストックオプション(SO(は絶対もらえない訳ではないですが、上場のタイミングの関係でもう出せないときもありますし、もらえたとしても、このステージではせいぜい希望年収との乖離を埋めるための調整額相当(給料数カ月分のボーナス的な位置付け)に収まるのが普通でしょう。

メルカリみたいな例は別かも知れませんが。ベンチャーのインハウスになってSOで一発あてようというのは基本的に難しいのではと思います。年収をもっと落として早期のベンチャーに入れば別ですが、そういう求人が多く出回っているかはちょっと疑問です。

 

ベンチャー企業のインハウスの仕事

普通の企業法務とそんなに変わらないのではと思いますが、私は以下のような仕事をしてました。

A. 新商品・サービスの設計相談

通常、この仕事がベンチャー企業のインハウスで一番面白いところだと思います。商品・サービス自体も新しいもので、関連する法律問題も前例のないことばかりでした。ただ、新しい法律問題や法解釈への遭遇自体は、大手法律事務所でも日常茶飯事なので、それよりも、当事者としてこれをやっていることが楽しいところだと思います。

 

B. 一般的な会社法務

1. 契約書のレビューや管理 

多くは普通の会社と同じく、NDA等の大したことない契約だったりしますが、会社のサービスに関する契約は、ベンチャー故に前例のないトリッキーなもので頭を使うこともありました(ある程度は、入社する前に既に外部弁護士と相談して作った基本形がありましたが)。

外部の弁護士にレビューをお願いすることはほぼ無かったですね。ただ、外部の弁護士に見せるかどうかは自分の判断になるので仕組み的にはなかなか危なかったかもしれません。

2. 株主総会、取締役会事務(議事録等)や登記等

こうした会社事務関係はあまりやってませんでしたね。一部、のちに法務で手伝うようになりましたが、最初は敢えて引き取ることもしなかったので。

3. 人事・労務系

常時相談している外部の社労士がおり、基本的には人事のほうでその方と相談していたのですが、コンプラ気味(懲戒とか労基法違反とか)のことになってきたり、セカンドオピニオンが欲しいケースになってきたりすると、相談がきます。文献を駆使したりすれば大抵のことは答えが出ますが、専門外なだけに、地雷を踏まないように慎重に対応はしてました。

 

C. 官庁対応

規制業種だったので、監督官庁への問い合わせや相談等もありましたね。法律事務所にいた時よりも官庁を直接訪問する回数が増えたかも知れません。

 

D. 紛争対応

基本的には顧客対応部門が対応するのですが、エスカレートしてくると法務に相談が来ます(でも、基本的に表には出ませんでした)。B to Cの顧客対応は、企業法務事務所でのクライアント対応とは全く違う大変さがありました。

一番ヤバいのはカネが絡んでいるケースですかね。反社が絡んでいるケースも勘弁ですが。

法的手続に関しては、弁護士会のADRぐらいは法務で対応していましたが(最後は応じなければノーリスクなので)、裁判になると外部弁護士を頼っていました(ショボい簡裁事件除く)。もちろん、関係部署からの聞き取り・面談設定や、外部弁護士の見通しを踏まえた社内説明(安心感の与え方)、意思決定への関与などはインハウスとして対応するところがありますが。

 

E. 組織設計

入社して、会社がさらに大きくなると、法務部員を増員するかとか、会社の中での組織の位置づけとかについての議論にも参加しました。法務はそんな議論するほど大きくもなかったですが、他の部門や全体の議論を眺めているだけでも面白かったです。

 

ベンチャーのインハウスのメリット・デメリット

ベンチャーでやってた仕事は上記のような感じですが、さらに突っ込んで、何がよくて何が悪かったのか整理していきます。

A. メリット

1. おもろい

とにかく面白いですね。新しいことをやろうとしている日々はやはり充実感がありますし、トラブルも多くて刺激に事欠きませんでした。あと、インハウス全般に言えることですが、会社のプロダクトを誇れるということは会社勤めの特権だなと思いました。クライアントとの距離が近い外部の弁護士もいますが、どこまでいっても所詮は外様です。

また、規模がそこまで大きくなければ、システム、営業、人事、マーケティングといった多様な人達と深く関われるのも面白いですし、社長からも直接質問が飛んできたりする現場と経営の距離が近いという環境も、なかなか得難い経験かなと思います。

 

2. 良いベンチャーの人材はホントに良い

法律事務所にいた時は、東大出てハーバードに留学したみたいな、いけ好かないすごい経歴の人間で溢れていて、優秀な人は非常に多かったですが、イケてるベンチャーも、これに負けてないくらい優秀な人が集まってますね(とっても主観的な話になりますが)。年齢的には20-30前半が多く、法律事務所のときは中堅のつもりでしたが、ややオッサン寄りになってしまいました。

一つ言っておくと、みんな「普通の企業でのサラリーマンはつまらない」的な感じでベンチャーに来ていますが、実際には、「普通の企業でのサラリーマンはつとまらない」人達でいっぱいです、いい意味でも悪い意味でも。

 

3. ワークライフバランス

ベンチャーなので、みんなそれなりに忙しいし、部署やプロジェクトのタイミングによってはヤバいですが、法務の仕事が法律事務所時代より忙しくなることはまずありません。福利厚生は普通は「何それオイシイの?」状態なので、期待していかないほうがいいと思いますが、法律事務所もそこまでではないので大丈夫ですかね。

 

B. デメリット

1. 何でもやる

裏を返せば色々できるというメリットですが、業務が細分化・組織化されておらず、法務関係の人員も多くないので、雑多なことも含めて全部自分でやらないといけないですね。自分の会社は理解のある人が多かったですが、普通の人は弁護士なら法律のことなんでも知っていると思っていたりするのも扱いが難しい点ですね。適宜外部の弁護士を使えばいいのですが、使いすぎると自分の存在価値が疑われるし、その辺はうまく立ち回る必要があります。

少し違う話になりますが、経営陣からも、何か魔法の道具みたいに思われるケースもあります(極端に言えば、社内弁護士がいれば規制問題がぱっと解決するとか、何でもスキームを適法にしてくれるとか、外部弁護士不要になるとか、M&Aがめっちゃ快適になるとか)。通常は、外部の弁護士も使ってきているので、弁護士に対するある程度の理解はありますが、けっこう奇想天外な期待がかけられていることもあるように思います。期待がなければ高い給料出して雇ってもらえないわけではありますが(ベンチャーの社長って、そのへんの好き嫌い激しい気がしますし)、採用プロセスのときにあまりに向こうが前のめりになっているときは多少警戒したほうがいいと思います。

 

2. ヤバい

やっぱり、ベンチャーはヤバいですね。刺激に事欠かなかったと書きましたが、非日常が日常茶飯事で、ここには書けないようなこともたくさんおきます。さすがベンチャー、トラブルの起こし方もベンチャースピリットに溢れています。「ベンチャー 〇〇」とかでググれば出てくるようなことは日常茶飯事で、そのような記事が控えめに見えるくらいです。もちろん自分の会社の話ではありませんが、佐藤由太氏の「ベンチャーキャピタルから個人破産申立されて4,000万円支払った話」(https://note.com/disnism/n/n2fe336df2077)のようなことが実際に起きてしまうのがベンチャー業界だなということが、中に入ってよく分かりました。そんなまさか、と思うそこのあなたも、入ってみたらきっとわかることでしょう。

 

3. キャリア、アブナイ

電通の不祥事や三菱電機などの過労の問題をはじめ、会社なんて、どこも何かしら法令違反を抱えています。ただ、ベンチャーの場合は、存在自体がそもそもグレーだったりします(最近タクシー業態でサービス開始しましたが、Uberの白タク論争なんてまさにそれです)。

攻めの法務!!」とかイキってられる間はいいのですが、ベンチャーなんて世論や監督官庁が動けばあっという間に違法のレッテルを張られます。そうなった場合、コンプラ違反や違法サービスの提供を見過ごしていた、ないし容認していた社内弁護士を雇いたいと思うでしょうか?
(個人的には意外と大丈夫な印象ありますが)

大企業であれば法務の一部員である自分のせいにされるってこともないでしょうが、ベンチャーで法務を全部所管してる責任者となると、どのように評価されるかは怪しいですね。ということで、弁護士としての選択肢のなかで、キャリアリスクも高い部類であることは意識しておいたほうがいいと思います。

ベンチャーの守勢に回ったときの危うさですが、攻撃力100、防御力マイナス200くらいのステ振りだと認識しておいていいかと。サッカーでいえば、そもそも人員不足で監督がプレイヤー兼任しても9人しかいないのに全員センターラインを越えて攻撃に参加していてキーパーも置いておらず、そこにセンターバックとしてインハウスを迎えたけど攻撃参加を命じられる、そんな状況です。それでもって、カウンター食らってゴール決められたときには、ディフェンスの要であるセンターバックに注目が集まってしまう(場合によっては、攻撃参加を命じた監督から一番ド詰めされる)、そんな世界です。あと、10点以上点決めて勝たないとチームは解散みたいなところもあって、そんな環境で「キーパーを置いたほうがいい」とか「監督と選手は分けたほうがいい」とか「もっとディフェンスに力を入れましょう」とか言うのは憚られるところもあります(キーパーの設置くらいは進言しますけど、後二者くらいになると一気に難しくなりますね…)。

 

C. 結論

ここまで書いただけですと、メリットもデメリットも相応にあって、個人の判断の問題じゃないかと思われるかも知れませんが、デメリット2.がホントにヤバいんです。だから私は、後輩がベンチャーに行きたいと相談に来たら「悪いことは言わない、やめておけ」と言います。

とはいえ、私は前の会社に入ったことを微塵も後悔していないので、それでも行くということになったら全力で応援します。人に忠告されて悩むくらいの覚悟なら、やめておけということです。

 

最後に~ベンチャーに行くタイミング

最後に、仮に大手法律事務所からベンチャーに飛び込むことを希望する場合、どれくらいのタイミングがいいか私見を述べておきます。

業務の内容は割と広く浅くになるので、必ずしも専門知識は必要でないのですが、多岐に渡る業務ないし会社の存亡にかかわる問題について、外部へ振るか自分でやるかといった判断・決断が伴うし、外部と折衝するときにも一任前の弁護士として扱われるので(相手がパートナー弁護士であったとしてもやりあわないといけない)、最低でも5年くらいはやって、事務所でほぼ独断で案件を進めさせてもらえるくらいの経験を積んでからの方がいいのではと思います。あと、社内のクライアント(というか社長)も非常に癖の強いことが多く、時にはそれとバトルしないといけないので、その点でも結構な総合力が求められると思います。5年でもちょっと短いなと思うくらいなので、7-10年以上の経験があったほうがいいように思います。規制業種系、金融・不動産など、専門職の濃い業界のポストであれば、もっと長いほうが望ましいと思いますし、海外も絡んでくるのであれば、留学経験があったほうがいいでしょうね。

また、あまり年を取ると、人生設計上ベンチャーに行くにはリスク取り過ぎなタイミングになったりするかもしれません(あと、単純にノリについていけないかも)。留学・パートナー選考のタイミングもあったりするので、なんだかんだで、大手法律事務所からベンチャーという選択肢は候補にあがりにくいのが現実だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました