弁護士のキャリア

スポンサーリンク
インハウスのキャリア

インハウス舐めるな?- インハウスと法律事務所で求められる資質の違い

インハウスはただのセーフティーネット? Twitterを徘徊していると、「インハウスは(法律事務所で働く人の)セーフティーネットとか思っている人には務まらない」とか、「法律事務所からインハウスに転職した人で、評価が芳しくない人も少なく...
インハウスのキャリア

やっぱりJILA理事長声明の内容が理解できない件

JILA騒動の現状 – 思っていたより重い動き 先日のエントリで、JILA(日本組織内弁護士協会)が出した「司法試験合格者の増加と合格率の上昇を求める理事長声明」を巡る騒動について書きました。同エントリの中で、今回の騒動を受けて理事会側が...
社内弁護士の業務

JILA事変 -司法試験合格者の増加と合格率の上昇を求める理事長声明

理事長声明の発出と反対騒動の勃発 先日、JILA(日本組織内弁護士協会)のウェブサイト()において、「司法試験合格者の増加と合格率の上昇を求める理事長声明」が発出されました。声明の内容を端的に言うと、司法試験の合格者数を2000人程度、合...
法律事務所のキャリア

四大弁護士の婚活-四大の弁護士はモテるのか

注:本記事は多分に主観的で最新の情勢も踏まえてない内容のため話半分でお読みください。 今日はいつもに比べて若干浮ついたエントリです。私自身は四大に在籍していた時の秘書との所内結婚ですが、(一昔前の)四大弁護士の婚活事情について、 ①四大法...
弁護士の転職活動

インハウスの転職市場(2021) – 国内インハウスの条件は向上傾向

マーケットの近況 - エージェントとは定期的にキャッチアップすべし 今の会社に転職するときにお世話になったエージェントと近況についてキャッチアップしました(なお、今の会社を紹介してくれたのは別のエージェント)。外資系のインハウスはいつクビ...
社内弁護士の業務

外資インハウスの評価面談

年始に投稿して以来、約4か月振りの投稿となりました。忙しくて更新する暇がなかった訳ではなく、バトロワゲーにハマり過ぎて、大事な人生の時間をドブに捨てていました(重課金とかはしていません)。 前回の年始の投稿で、年間ブログ50記事を目標に掲...
弁護士とカネ

四大就職してもお金貯まらない – 年収1200万の暮らしとは

今年はコロナバブルと呼ぶにふさわしい勢いで株価が高騰していますが、今日はカネまわりの話をしようかなと思います。といっても、「投資で儲ける〇個のテクニック」みたいな話では無く、法律事務所時代の自分のルーズな金遣いをだらだらと綴っていくだけで...
社内弁護士の業務

ジョブ型雇用な外資インハウスの業務 – IT’S NONE OF MY BUSINESS!!!!

巷ではもうすぐ司法試験ですね。試験会場における感染対策について「窓がない」とか「密室で長時間」とか色々な声も聞こえますが、別に窓があってもこの真夏に開けないし、東京の満員電車を思えば、不要な会話を慎めば感染リスクは大きくないと思うのです。...
弁護士の転職活動

外資系インハウスの採用プロセス – 二度目の転職

先日のエントリではベンチャー企業が大変おススメなことについて書きました。私も、ベンチャー企業で大変刺激的な日々を送っていたのですが、あっという間に二度目の転職をすることになりました。理由の詳細はここには書けませんが、まあ色々とヤバいことに...
インハウスのキャリア

ベンチャー企業のすすめ – ベンチャー楽し過ぎヤバ過ぎワロス

すっかり更新ペースが月一以下になってきました。これまで、大手法律事務所を辞めてベンチャー企業に移転するまでの経緯を語ってきましたが、今回の記事は、タイトル通り、「悪いことは言わん、ベンチャー企業はやめておけ」という話です。 大手法律事務所...
法律事務所のキャリア

四大アソシエイトの退職活動 – 退職報告は早めに。ボーナスはもらえるの?

前回記事で宣言したとおり、一回目の転職活動における内定後の動きについて少し補足しきます。前回記事をご覧頂いた方からありがたいご質問を頂戴しましたので、その辺りも可能な範囲で触れたいと思います。 内定受諾 - オファーの期限はせいぜい1週間...
弁護士の転職活動

四大アソシエイトの転職活動 – 年収1,000万円Downした件

また更新をサボりました。誰かの為にやっている訳でもないのでこのスタンスで良しとします。 時間が空きましたが、転職に至るまでの事務所での生活に関する記事に続き、最初の転職活動について書いていきます。 転職活動の始め方 - とりあえずビズリー...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました