旧司法試験

法曹養成

久しぶりにブログを書こうとすると、正直何から書いていいか分からなくなるのですが、とりあえず、キャリアの振り返りということで、そのスタート(?)である旧司法試験について書いてみます。

旧司法試験とは

法科大学院を卒業すれば受験資格を得られる※現行の司法試験制度の前に、2011年ころまで存在した司法試験です。通常、法学部であろうとなかろうと、大学二年生くらいまでの単位を取得していれば誰でも受験できる仕組みになっていました(単位が足りないと、一次試験という名の実質的なゼロ次試験を受ける仕組みになっていましたが、これを受けた人にはまだ出くわしたことがありません。)。

※今や成績優秀者層にとっては、法科大学院に通わずに受験資格を得られる予備試験という名の試験を通って司法試験を受験するのが王道になっており、主従逆転しています。

旧司法試験の合格率は色々と変遷もありましたが、だいたい2-3%くらいで、私の時は(終焉期であったため)約30,000人の応募者に対して約1-2%程度の合格率でした。

資格試験の最高峰と呼ばれることも多かった司法試験ですが、感覚的にどのくらい難しかったかというと、ポックルくらいの実力があれば受かるハンター試験くらいの難しさでした。ちなみに当時は、トンパやアモリ三兄弟みたいな中堅~ベテラン受験生がたくさんいました、というか多数派でした。

旧司法試験挑戦のきっかけ

私の小学校の卒業アルバムには、既に将来の夢は弁護士と書かれています。こういうと、親族に法曹関係者でもいるのかと常に聞かれますが、そんなことはなく、我が家は普通の貧困家庭でした。小学校時代の法律とのふれあいは、毛利甚八・魚戸おさむの漫画「家裁の人」を読んでいた程度ですが、これは当時の夢とは関係なく(だって、裁判官の漫画だし…)、なぜ卒業アルバムに弁護士と書いたのかは、正直いってわかりません。

ただ、学校の成績は良かったし、学級委員も務める正義感の強い子でしたので、「お前、頭いいから将来医者か弁護士になれ」と周囲に言われて、特に書くこともなかったので弁護士と書いたものと推測されます。そして、「小学校の卒アルにそう書いてあるから」という謎の理由でそのまま法学部に進学し、いずれは司法試験を受けようかと何となく思っていました。

結局、大学では体育会と麻雀に没頭し、司法試験を初めて受験するのは大学四年生のときになりました。体育会の活動が忙しかったので、本格的に勉強を始めたのは大学三年の11月3日からでした(文化の日にあった大会を皮切りに休部したためはっきり覚えています)。

当初は、さすがに準備期間が足りないと思い、法科大学院を目指して勉強を始めましたが、知識のインプットのために旧司法試験の択一試験の過去問を解き始めたとき、衝撃が走ったのです。

なんだ、思ったより簡単じゃねーか。

思った以上の手ごたえに、これなら行けるのではないかと思い、急遽、旧司法試験へ挑戦する方向に舵を切りました。

択一試験

多くの受験生がふるいにかけられる旧司法試験最初の関門、択一試験。法務省のウェブサイトには「短答式」と記載されていますが、短答も何もマークシート方式なので、通常、「択一」の名でしか呼ばれません。母の日に行われるのが通例らしく、2chの司法試験版では「母の日は親不孝の日-択一試験」という悲しきスレが立っていました。

もう内容は覚えていませんが、60点(憲法・民法・刑法各20点)中、40点台後半を出せばパスする感じで、私が受験した年の前後の合格点は以下のような感じです。

 平成20年 合格点 46点
 平成19年 合格点 47点
 平成18年 合格点 46点

当事は刑法の問題がただの頭の体操だったため(いかんせん激しい体操ですが)、刑法の18-20点はほぼノー勉で取れたし、そこから憲法民法で半分以上取れればすぐ40点前後になるので、初めから合格点は遠くありませんでした。とはいえ憲法民法は十分難しいのですが、暗記作業の割合も大きいし、これならいけると判断し、挑戦を決めました。実際、2月頃には問題集や模試で50点台を叩き出せるようになっていました。

ただ、当初は気づいていませんでしたが、択一試験はハンター試験でいえば試験会場に着くまでの振り落としのようなものであり、船酔いに耐えきる根性や、「母と妻、一人だけならどちらを助ける」と問われて「答えは沈黙」と察して黙っていられる忍耐強さがあれば突破できるものでした(まあでも、難関私大の入試くらいは難しいです。)。なお、択一試験でも、「母と妻、一人だけならどちらを助ける」みたいな、「選べるわけねーだろ!」と試験官を殴りたくなる問題もガチで出ます。しかし、ハンター試験と違い、母か妻のどちらかが正解で答えは決して沈黙ではないため、分からなくても回答するほうが無難です。

試験会場も忘れたくらい記憶が薄いですが(明治大学だったかな…)、前日に寮で麻雀を打ったリラックス効果もあり、憲法15、民法17、刑法20の合計52点で無難に択一試験を突破しました(たしか私の年は、問題がやや易化したと言われていました。)。

ここからが本当の地獄だ…論文試験

択一試験で受験者の9割程度が振り落とされるわけですが、次に待ち構える論文試験が激ムズなのです。魔界村ほどではありませんが、攻略本もクイックタイムや裏技も無しのロマサガ2くらいの難易度はあると思います。

まず、憲法・民法・刑法・商法・民訴・刑訴の6科目を2時間ずつ(3科目×2日)というのが結構キツイです(よく知りませんが、日程は、今の司法試験のほうが厳しいかもしれなません。)。サトツさんの歩きについていけるくらいの体力はないと、それだけで振り落とされてしまうということです。私は、2日目の1科目目の刑法の受験中にクラクラして、「ついにここまでか…」と感じたのを覚えています(なお、これは単に地震のせいで、揺れていたのは自分でなく地球でした)。

試験終了後の感想としても、普通に落ちたと思いました。というか、1日目の最終科目、商法の問題が難しすぎて、初日で既に諦めモードでした。しかし、結果は合格。順位はギリギリ100(確か99とか)を切っていて、真ん中よりちょい上くらいでした。商法ができていなかったという勘は当たっており、商法E、他オールAという成績でした。

なお、今は違うようですが、当時の旧司法試験の順位など実務的には大した意味はなく(就職の際も、大学の成績は求められましたが、司法試験の成績はいりませんでした)、たまに順位をアピールしている人がいますが、「ドラクエでレベル99まで上げたことがある」という程度のものです。はい、負け惜しみです…

ウイニングラン – 口述試験

論文試験を突破してしまえば、残りの口述試験はボーナスゲーム。287期ハンター試験の最終試験と同じく、負けあがっていったやつが一人だけ落ちるくらいのノリです。ごく少数、ポドロを殺してしまったり、試験官に無礼を働いてしまったりして落ちてしまうのですが、(性格的に)普通の人であれば落ちません。

自分の番を控室の椅子(通称発射台)で待っているときの緊張感はたまらないものがありますが、実力の100%中の60%くらい出せれば合格できました(他の誰かのために120%の力を出す必要もありません。)。

なお、この口述だけ、落ちても翌年、択一論文パスで口述を再受験できるというWチャンスキャンペーンが設定されているのですが、Wチャンスで合格してくる人は、(必ずしも悪い意味ではないのですが)頭のネジが一本外れていることが多いです。

なぜ合格したのか…

さて、論文試験の合格発表があったときは、なぜ自分が合格したのかその時は分からなかったのですが、司法研修所に行ってからその理由ははっきりしました。

それは、私が優秀だったからではなく、周りに自分より劣る人が多かったから。ホントこれにつきます。

司法研修所には、私よりよっぽど優秀な人や、同等のレベルで生産的な議論をできる人もたくさんいましたが、このまま弁護士にしてしまって大丈夫かという人もたくさんおり(その人たちは、ほぼそのまま弁護士になりました。)、この人達が合格するなら、自分が合格でも何の不思議もないという結論に至りました。ロマサガ2に例えるなら、自分はワグナスを倒せなくてラスダンにも行けず七英雄を倒せなかったから失格だと思っていたところ、ゼラチナスマターすら倒せなかった人も合格していたようなものでした。

法科大学院創設によりそちらに流れていく人や、直前の合格者増員のおかげで優秀な層の多くは既に合格しており、競争集団の質はかなり低下していたのだと思います。ハンターと同じく、弁護士もピンキリですので、弁護士だからといって安易に信用することのないようお気をつけください。

以上、新制度に移行した今や、誰の役にも立たない旧司法試験の振り返りでした(予備試験には通じるところがあるのかな)。

コメント

Secured By miniOrange
タイトルとURLをコピーしました