スポンサーリンク

研修先に挨拶するためNY行ってきた(2日目)- 研修先よりもイチローに会いたかった件

留学生活(旅行)
留学中のブログ転載&修正保存。何年も前の話であり、現在とは多分に事情が異なる可能性が高いので内容は鵜呑み厳禁。

ニューヨーク観光二日目。まずは研修先に挨拶してランチ。みんな良い人そうでほっとしました。

一行で済ませてしまいましたが、研修先への挨拶はこれで終了。堅苦しいことからは解放され再び観光モードに。昨日のメトロポリタン美術館に続いて、有名な美術館であるMOMAを訪問しました。「モマ(MOMA)!」というとカッコいいですが、近代美術館の略称(Museum of Modern Art)に過ぎません。メトロポリタン美術館のように広大ではなく、5フロアぐらいの普通のビルなので一周してもそんなに時間はかかりませんが、先鋭的すぎて私には理解できない作品が多かったです

ゴッホの星月夜(The Starry Night)には感動しましたが、他は自分なら速攻でヤフオクに出してしまうくらい、特に価値が理解できない作品ばかりでした。

ヤンキース観戦

MOMAの鑑賞を終えたら良い時間になってきたので、夜の一大イベント、メジャーリーグ観戦のためヤンキースタジアムへ行ってきました。田中or黒田の登板日だったら良かったのですが、日程的にそこまでは合わせられず、イチロー目当てに行ってきました。この日の相手は弱小(当時)ヒューストンアストロズ

この頃はベンチスタートの日が多かったイチローですが、ラッキーなことにこの日はスタメンで、ライト側外野席からその姿を拝むことができました。ヒットも放ちましたが、珍しくタイムリーエラーも放っていました

さすが金満球団だけあってヤンキースタジアムは都会的でキレイな球場でした。シカゴの古臭いリグリーフィールドしかみたことないので、ヤンキースタジアムは余計に輝いて見えました

イニング間に流されたイチローの日本語講座。出塁率(on-base percentage)について解説するのですが、チームメイトがみんな「しゅつつ…」「シュシュシュー!」「シュ…★▲◇×※」って感じでうまく発音できないという寸劇です。英語圏やスペイン語圏の人は日本語の「つ(tsu)」の発音が下手くそです。

試合は、同点で迎えた9回表に、ノーアウト満塁・ノースリーからカウントを取りに行った球をグランドスラムされるという、野球素人の私ですらダメだと分かる典型的なダメパターンで負けてしまいました。しかし、別にヤンキースファンでは無いのでイチローが見れただけで満足でした。

エンパイアステートビル – ロックフェラーセンタ―とは甲乙つけ難い 

野球観戦の後はダウンタウンに戻り、エンパイアステートビルの展望台に向かいました。もう日付も変わろうとしていましたが、結構遅くまでやっているようです。展示エリアを通って展望台へのエレベータに向かいましたが、人がスカスカで寂しかったです。屋上も空いてましたが、時間帯的にカップルが多くて辛かったです。これは迂闊でした。

タイムズスクエアの輝きは、東京ですらド田舎であると思わせてくれます。比較用に、右にロックフェラーセンターの景色張っておきました(なお、ロックフェラーセンターはセントラルパークも見えるのが特徴です)。

シカゴの二大展望台であるジョンハンコックセンターとウィリスタワーについては、ハッキリとジョンハンコックの方が良いと言えるのですが(過去記事参照)、このNYのロックフェラーセンターとエンパイアステートビルについては甲乙付けられません。どちらか一つで迷っている人には、どっちでもいいから近いほうにしてしろとアドバイスします。ちなみに、私がNYに帰ってくる機会があれば高確率でロックフェラーセンターにします。なぜなら観光の拠点となるであろうタイムズスクエアから近いからです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました