スポンサーリンク

Chicago Fire – 米国で観るサッカーが意外と面白かった件

留学生活(シカゴ)
留学中のブログ転載&修正保存。何年も前の話であり、現在とは多分に事情が異なる可能性が高いので内容は鵜呑み厳禁。

Chicago Fireとかいう不謹慎な名前のサッカーチーム

シカゴファイアーといっても、今回の記事はシカゴ大火のことではなく、シカゴのサッカーチームのことです。アメリカにもMLS(Major League Soccer)というプロサッカーリーグがあって、ベッカムを初めとする欧州の一流選手を(一線を退く段階で)招聘したりして、徐々に盛り上がりを見せているようです。

トヨタパークとアメリカのタクシー運転手の低クオリティ

ということで、この日はシカゴファイアーの試合観戦へ。ホームスタジアムであるトヨタパークへのアクセスは若干不便で、まずオレンジラインの電車でミッドウェイ空港の駅まで行きます。ここからバスが出ていますが、当時は地理感もなく、南側のエリアの治安は概して悪いと聞くのでタクシーを使うことに。

トヨタパークまで行ってくれと伝えると、運転手(アジア系っぽい)は明らかに不機嫌な顔&態度に。空港だから長距離の客を期待していたのでしょうが、あからさまに態度に出すところがアメリカンクオリティです。

そんなクソタクシーはさておき、無事トヨタパークに到着。なお、周りには何もありません。手荷物検査は厳しく折り畳み傘は没収。アメリカのイベント会場には無駄なものは持って行かない方がいいです特に、バックパックはダメと言われるケースが多い

スタジアムはとてもオープンな造りで気持ちがよく、客席からピッチまでの距離も近いです。そして、カッコ良くもないし可愛くもない、どっちつかずのマスコットキャラクターと思しき謎の生物

MLSはアメリカンな大味サッカー – スター選手を楽しもう

試合の内容は基本的に大味。バックパスして後方でパス回しを続けるとかいう状況はあまりないので、そういう意味では退屈しません。しかし、丁寧なビルドアップや華麗なパスワークも少ないので、そういう意味ではつまらないです。

シカゴファイアーは基本的には弱いチームですが、この日は勝ちました。事前に想像していたよりも観客のサッカー熱があり、スタジアムの雰囲気も良いのでまた来ようと思ったのですが、シカゴ在住の間に再訪することはありませんでした。

最近は、ジェラード、ジョビンコ、カカ、ビジャ、ピルロ、ランパードなど、多くのビッグネームがMLSに在籍しているので、そういったスター選手の所属チームとの対戦の際に、少し足を延ばしてみてはいかがでしょうか(2021年追記:今は上記のレベルのビッグネームは少ないみたいですね、少し前にイブラやルーニーも一瞬在籍したみたいですが)。値段もNBAのブルズとかに比べればお手頃ですし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました