四大法律事務所

スポンサーリンク
法律事務所のキャリア

四大弁護士の婚活-四大の弁護士はモテるのか

注:本記事は多分に主観的で最新の情勢も踏まえてない内容のため話半分でお読みください。 今日はいつもに比べて若干浮ついたエントリです。私自身は四大に在籍していた時の秘書との所内結婚ですが、(一昔前の)四大弁護士の婚活事情について、 ①四大法...
弁護士とカネ

四大就職してもお金貯まらない – 年収1200万の暮らしとは

今年はコロナバブルと呼ぶにふさわしい勢いで株価が高騰していますが、今日はカネまわりの話をしようかなと思います。といっても、「投資で儲ける〇個のテクニック」みたいな話では無く、法律事務所時代の自分のルーズな金遣いをだらだらと綴っていくだけで...
弁護士と英語

四大で英語は必要? – 英語話せなくても十分やっていける件

現在は外資系企業に勤務しているので、日常の業務において英語は必須となっております。新しい上司はフランス人ではありませんが英語ネイティブの白人で、ボディーランゲージも通用しません。実際には外人にもボディランゲージは通用しますが、海外にいるの...
法律事務所のキャリア

四大アソシエイトの退職活動 – 退職報告は早めに。ボーナスはもらえるの?

前回記事で宣言したとおり、一回目の転職活動における内定後の動きについて少し補足しきます。前回記事をご覧頂いた方からありがたいご質問を頂戴しましたので、その辺りも可能な範囲で触れたいと思います。 内定受諾 - オファーの期限はせいぜい1週間...
弁護士の転職活動

四大アソシエイトの転職活動 – 年収1,000万円Downした件

また更新をサボりました。誰かの為にやっている訳でもないのでこのスタンスで良しとします。 時間が空きましたが、転職に至るまでの事務所での生活に関する記事に続き、最初の転職活動について書いていきます。 転職活動の始め方 - とりあえずビズリー...
法律事務所のキャリア

大手法律事務所でのキャリア(留学後) – 留学から帰国して1年で辞めてしまった話

外資系インハウスのブログと名乗っている割にいつになってもインハウスの話をしないこのブログ。前回の記事(「法律事務所でのキャリア(留学編)」)に続いて、帰国後から転職するまでの流れについて書いていきます。やはりここが一番重たい部分であり、す...
法律事務所のキャリア

大手法律事務所でのキャリア(留学編)- 留学にはさっさと行け

前回の記事の最後で触れたように、大手法律事務所の弁護士は、数年間勤務したのちに、二年間ほど海外留学・研修に行かせてもらえるのが通例となっています。 以前は、3-5年働いて、一年間は米国ロースクールのLLM(一年プログラム)に通ってNY州の...
法律事務所のキャリア

大手法律事務所でのキャリア(留学前)- 9時5時(AM-AM)で働く新人時代

タイトルやプロフィールにも書いてあるとおり、今では外資系企業でインハウスをしていますが、弁護士になってからそこに至るまでのキャリアを書いていこうと思います。 新人時代の基本的な勤務形態 - 週100時間を超えると辛くなってくる まず、私の...
法律時事

大手法律事務所での利益相反 – 結構痛いコンフリ問題

コンフリによる案件断念 先週の記事でモテコンサルと利益相反について書きましたが、企業法務系の法律事務所における利益相反について続けて書こうと思います。界隈では「コンフリ」として呼ばれるこの問題ですが、コンフリ又はその可能性により案件受任を...
法律事務所のキャリア

勝ち組弁護士の就職活動(大手法律事務所編)

旧司法試験に続いて、(時系列的に)当時の就職活動について書こうと思います。 タイトルからして煽りにいっていますが、弁護士といっても、庶民の味方の人権派弁護士もいれば、大企業の味方のビジネスローヤーもいるし、何をもって良しとするかは人それぞ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました