スポンサーリンク

外資系インハウスの英語研鑽 – リスニング

弁護士と英語

英語の中で、平均的な日本人が最も苦手としているのがリスニングとスピーキングだと思います。私自身も、相変わらずこの二つが比較的苦手なままでいます。

今回は、リスニングについて書いていこうと思いますが、まずは、はじめにやった方が良いと思われる発音の改善について触れたうえで、リスニングの学習素材について書いてみようと思います。

発音の改善

発音について話をすると、「発音できない音は聞き取れない」的なフレーズがしょっちゅう出てきます。これについて、個人的には半信半疑ですが、少なくとも正しい部分はあるのかなと思っています。あとは、スピーキングに当たってはこれをやるのとやらないのでは結構伝わり方に差が出るのかなと思っています。また、語彙力や流暢さは、英語を使う頻度が減ると一気に劣化していくのですが、発音についてはそれがあまり無いと思うので、改善にトライして損することは無いように思います。

教材

留学前にも、リスニング向上には発音が大事という商売文句を信じて、TOEFL対策中に「英語耳」という教材を買いました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

改訂3版 英語耳 発音ができるとリスニングができる [ 松澤 喜好 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2021/5/1時点)

楽天で購入

 

内容は悪くなかったと思いますが、時間をかけて取り組めなかったことと、第三者から客観的なフィードバックを受けられなかったのが良くなかったと思います。自分では正しく発音できているかが分からないというのが、発音練習の難しいところだと思います。一点、今でも覚えているのが、Rの発音の仕方が中学校で習ったのと違っていて、この本を読む前と後で劇的に変化しました。いわゆる「舌を巻かない」ってやつです。

留学中は、ロースクールがおススメしてくれたCarnegie Speechというところが提供しているNativeAccentというソフトウェアで練習しました(300ドルのところ学割で75ドル)。これについては何より機械的に発音を採点してくれるのが良かったです。巷にどんなサービスがあるのかはあまり知らないですが、とにかく、誰かにチェックしてもらう形で練習するのが望ましいと思います。

なお、特にLLMの留学界隈では割と有名(と思われる)渡邊弁護士が、英語発音学校のジングルズをおススメしているようなので、気になる人はトライしてみると良いと思います。

彼の「〇〇の研究によると…」ともっともらしく聞こえるMBA関係のツイートは話半分に聞いたほうが良いと思っていますが、こと英語学習ツイートに関しては真理を突いているものばかりだと思います。何よりも、「日本人がネイティブレベルになるのはそもそも無理」「英語は一生勉強が必要」と考えているっぽい所に強く共感します。

リスニングの学習素材

こんな記事を書くくらいだから名案出せよって思うかもしれませんが、正直、リスニングは今でも何やるのがベストなのか良く分からないです。とりあえず、取っ付きやすいドラマや映画と、最近自分がトライしてみた教材について触れておきます。

英語ドラマ、映画

もともとドラマも映画も全然観ないタイプですが、アメリカにいる間は、Netflix(当時は今のような配信形式でなく、郵送でのDVDレンタル(月定額)が主流)で、昔の映画やテレビドラマシリーズを見たりしていました。日本に帰ってからは普通にストリーミングで見ています。

劇的にリスニング力が向上した実感はありませんが、生きたリスニング教材としてはマシな方かなと思います。まあ、ドラマ見るだけで英語力が一気に改善するならみんなペラペラです。

ドラマや映画を見るにあたって、字幕はどうすべきかという疑問があると思います。割と見解が分かれるところだと思いますが、英語字幕/日本語字幕/字幕なし、それぞれメリット・デメリットがあると思います。

字幕無しのメリットは当然、実戦の環境に近いということです。他方で、ある程度聞き取れている場合に聞き取れてない部分を無視してしまうことも多く、ほぼ聞き取れてない場合にはすべて諦めてしまいがちになり、いずれにせよ、聞き取れない部分をそのままにしがちなのが字幕無しの悪いところだと思います。

英語字幕のメリットは、一応全てのセリフを認識するので、語彙力の向上にもなりますし、一見、何を聞き取れてないのかが分かりやすいです。他方で、本当は字幕のサポートのおかげで聞き取れているだけ(というか字幕を無意識に読んでいるだけ)なのに、実力で聞き取れていると勘違いしがちになるのが欠点だと思います。

日本語字幕(&英語音声)については、そんなの論外というイメージを持つ人も多いと思いますが、個人的にはこれもアリだと思っています。音声的には直接的なヒントはありませんし、「日本語がコレなら英語ではこういうセリフを話すだろう」という推測をしながら観るのは、意外とアウトプットの練習になります。意訳も多いので、プロの翻訳者が日本語にしたらどうなるのか、(意訳する場合には)どう表現するのかを見るのも中々面白いです。たまに、その表現でいいのかと疑問に思うこともあります。ただやっぱり、英語音声を意識しないと、もはや英語の教材ですら無くなってしまうのは大きなデメリットだと思います。

こんな感じで、どれも一長一短で、どれがいいのかは自分のレベルや作品の内容次第であり、適宜字幕の有無を切り替えたりシャドーイングするなど、学習の効果を出すには一定の工夫が必要だと思います。正直、ある作品を一回見て終わりというやり方は効果が薄いように思います。

Ted

いっとき、Tedのスピーチにハマっている時期もありました。字幕もついてるし、内容的にも長さ的にも、TOEFLの勉強に利用するのにかなり適している気がします。スタンフォードでのジョブズのスピーチなんかはやっぱり感動ものです。ただまあ、パターンがお決まりというか、美辞麗句ばっかりというか、ずっと見てるいるうちにお腹一杯になってしまったので、最近はもう見ることもありませんね。

その他

あとは特別にこれが良いというリスニング教材を知っている訳ではなく、どこが聞こえてないのかをシャドーイングなどで意識しながら続けるなど、リスニングの基本を外さない限りは、CNNやBBCのニュースでも、巷で流行っている英語アプリでも、何でもいいのではないかと思います。大事なのは、「英語学習は一生終わらない」っていうことを意識しておくことかと。

昨年は、年始のエントリーでも触れたアルクのヒアリングマラソンという、年間1,000時間のリスニング時間を確保するというスパルタ教材に手を出し、ノルマこそ諦めたものの細々と続けています。教科書っぽい英語を聞く機会を確保するには悪くないかなと思っています。内容的には上級者には物足りない感じですが、英会話教室などに比べれば大した値段では無く、かつ、「これだけ払うなら多少はマジメにやるか」と思うには十分な価格かなと思います(なんだそりゃ)。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました