スポンサーリンク

弁護士のカネ – 若手~中堅弁護士の金遣い

弁護士とカネ

今年はコロナバブルというにふさわしい感じで株価が高騰していますが、それに関連して(?)、今日はカネまわりの話をしようかなと思います。といっても、「投資で儲ける〇個のテクニック」みたいな話をするつもりはなく、これまでの自分のルーズな金遣いをだらだらと綴っていくだけです。

修習生時代

地方出身(一人暮らし)の学生あがりだったので、修習開始時点の貯金はほぼゼロ、借金は無利息の奨学金が一応250万ほどあった程度です。

学生時代もバイトで月5万すら稼いだことないレベルだったので(寮生だったので何とかなった)、最初に給料をもらったときは、(普通の公務員の一年目と同じくらいの金額ですが)勉強しているだけでこんなにカネもらえるのかと驚いたものです。

給料はだいたい飲み会と(実務修習中の)旅行代に消えていきました。飲み会なんて和民レベルの居酒屋ばかりだったのに、気づけばお金が無くなっており、実務修習の引っ越し代について同期に無心したり、弁護士になるときの敷金・礼金のため、事務所から50万借りてしまうくらいカツカツの状況でした。

とはいえ、修習生時代は、派手にぜいたくはできなくとも、十分ゆとりのある生活ができる経済的環境だったと思います(地方の弁護士におごってもらって多少のぜいたくもしましたし)。

新人時代~留学まで

最初に給料もらっときは、謎の大金が降ってきたような気がしてよく分からない感覚になりましたね。修習中に、同期から「ブル弁」(ブルジョア弁護士)と蔑まれた理由がやっと分かりました。

実務修習で田舎に月5万円くらいの家に住んでいたのが、都心の月20万の家になりましたし(独身の若手弁護士の家賃相場は15-30万円くらいかな)、今までマルイやパルコでも背伸びだったのが、伊勢丹で買い物したりするようになりました。とはいえ、グッチとかアルマーニとか、ただただ趣味の悪いハイブランドを買い漁れるほどのお金は、パートナーにならないと入ってこないと思います。

あとは、調子に乗って秘書さん達と食事に行って、一人1万~2万+の食事を下心出して奢っていたりしたら、ほどほどにお金は消えていきました(残念ながら当然、食事以上のことは起きませんでした)

お金が消えていったとはいえ、忙しすぎてそこまでお金を使う時間もなかったので、5年間で1,000万弱くらいの貯金はできました。独身にしてはどちらかというと少ない方かもしれませんが、BMW(たまにフェラーリ)とかパテック・フィリップとか買ってしまう奴もいるので、それに比べたらマシな方です。諸先輩からは、留学までに1,000万くらい貯金あったほうが良いと言われましたが、実際その通りだったなと思います(私の場合、遊ぶ金に必要だっただけですが)。

留学時代

留学中の事務所からの補助は、事務所によっても違うし、どこも徐々に渋くなって来ているとの認識ですが、留学中は、とにかくお金がかかります。特に、LA、サンフランシスコ、シカゴ、NYあたりの都市圏だと、生活費は嵩んでしまいますね。普通は、安全で金を買う観点から、月2000ドル-3000ドルくらいの家に住むことになるのではないでしょうか(単身の場合)。これに加えて、子供がいる人なんかは大変そうでしたね。プレスクールの値段とか、聞いてビックリしました。

それ以外に何にお金がかかるかは、単純にどれだけ遊ぶかにかかってきます。自分の場合、アメリカに住む機会なんて二度とないということで、「留学中にどれだけお金がかかるか」ではなく、「全財産を使ってどれだけ遊べるか」という発想でお金を使いました。

全米オープンテニスの決勝のチケットに3,000ドル払ったり、フランスまで全仏オープンテニスを見に行ったり、北中南米、ガラパゴスやイースター島をさまよったりした結果、日本に帰ってきたときには、かけがえのない思い出と数百万円の借金が残りました。まあ自分の場合、2年目の研修の時の給料が低めだったというのも困窮した原因ですが、多くの弁護士は、借金しないまでも(する人もいます)、留学中にある程度貯蓄を切り崩します。そのおかげで、(経済的事情で)帰国後にまたあの厳しい環境で働く気になれるのです。

留学後

最近は、留学に行く時期や年齢にバラつきがあるため一概には言えないものの、留学に出発するときはまだ20代とかでも、留学を終えるころにはみんなもういい大人になっています。自分も、帰国した頃には一通りの贅沢は試してみた感じがしてきて(といっても庶民の贅沢の範囲ですが)、お金はあっても(借金もあるけど)、それまでほど派手にお金を使うこともなくなりました。

そうなってくると、投資や蓄財に目が向いてくる頃かとも思うのですが、忙しくて投資を検討する時間もなかったのと、敢えて投資で稼ぐ必要もないくらい給料もらえていたということで、あんまり財テクみたいなことはしていませんでした。とりあえず、留学中の借金はさっくり完済しました。

まあ留学後は、自分のようにだんだんつつましくなっていくタイプと、引き続きギラギラした生活を好むタイプに分かれていくような気がしますね(ギラギラした生活って、年取ってしまえば、極端に言えばパパ活動家みたいな見ようによってはイタい系とも思いますけどね)。

パートナーになってからのことは、なれなかったので分かりませんけど、やっぱ一味違う世界が待っているようには思えますね。あの生活は、なんだかんだで羨望してしまいます(経済面のみ)。

転職後

転職後も、転職前とそんなに暮らしぶりは変わっていないですね。家賃も居住エリアも変わっていないし、上記のとおり、無駄遣いもしなくなったので、(年収は落ちたので)転職前と比べて貯金の増えるペースが遅くなっただけかなという感じです(厚生年金や企業型DC、退職金を考慮すれば、長期的には大して差が無いかも)。

ただ、お金を使う時間ができてしまった分、海外旅行に行く回数が増えたりと、出費の機会が増えてしまったという面はあるかも知れません。

また、時間もあるので、株とか為替とか仮想通貨とか、ちょいちょい手を出したりしてみるのですが、基本的には全敗ですね。金融が専門でしたが、当事者でなくリーガルの立場からの関与で正解でした。なんなら、次回はこれまで投資(又は検討)してみた商品にでも触れてみようかなと思います。

こうして振り返ってみると、個人的には、それなりに稼げる力があるなら、カネは若い時に思い切って使ってしまえと改めて思いますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました