スポンサーリンク

企業法務弁護士と英語(後編)

弁護士と英語

更新をサボるのも恒例となってしまいました。逆に、これだけ放置してまた再開しようという気になれる点をポジティブに捉えてまた頑張っていきたいと思います(次の更新も2ヶ月後くらいかな…)

どうやら、3か月くらい前に、企業法務弁護士と英語(前編)という記事を書いていたようなので、後編として、現在の業務と英語の関係について書こうかと思います。

オフィスでのコミュニケーション

外資系企業ということで、「やあ、トーマス、調子はどうだい」「昨日、俺のワイフが」みたいな光景がオフィスで日常的に繰り広げられていると思う方もいるかもしれませんが、弊社の日本オフィスについて言えば、外人は数えるほどしかいません。そのため、オフィスでの社内コミュニケーションで英語を使用する機会は、他の外資系企業に比べると少ないほうなのかなと思います。

それでは、業務で英語を使う機会があまりないかというとそうではなく、大抵の人はシンガポール等のアジア本部に上司がおり、そちらと日常的にコミュニケーションを取るにあたって、英語を使うことになります。

上司とのコミュニケーション

私の場合、上司との主な連絡手段はメールです。最近はTeamsのようなツールの活用も進んでいるので、前の会社でSlackの便利さを知ってしまった身としては、さっさとチャットツールに移行して欲しい気持ちもありますが、チャットになるとスラングやカジュアルな表現が増えて、かえって読解困難になる場面が増えるかも知れません。

電話でのやりとりは週2回(必要に応じてそれ以上)、30分~2時間くらいのコールをやる感じです。内容は、案件状況の確認、重要問題の議論、契約書のレビュー、雑談等です。もちろん、他にも用事があればWhatsAppとかで適当に電話かけます。上司は英語ネイティブで、早口でもあり最初のころは聞き取りに苦労しました。ただ、大らかな性格で、英語は聞きずらくても、色々聞きずらいということは全くないので、電話でのコミュニケーションにも困ってはいません。

これに加えて、数カ月に一回アジア本部に行ったり、上司が観光がてら(?)日本に来たりということもありますが、流石にコロナ以降実施できていません。渡航制限が解除されたら実施しようとは言われており、対面での交流が仕事上の人間関係も円滑にすると思っているタイプだと思います(リモートよりオフィス好きっぽいし)。個人的にはありがたいです。

契約書のレビュー・交渉

契約書のレビュー

日本の管轄はあくまでアジア本部なので、契約は、日本語版も作ることはあっても、すべて英語となります。ただ、私の関与するプロジェクトでは、英語版と日本語版の両方を作るケースが多いです。この両言語で契約を進める作業が結構大変です。

まず、日本語版を作るといっても、日本語版は当社のグローバルフォーマットをもとした、ガチガチの英文契約がベースになっています。そのため、全体的な表現も日本語の契約のそれとは違いますし、英米法の概念もちょいちょい混ざっていたりで(例えば懲罰的損害賠償とか、コモンロー上の救済とか)、そのまま日本語にしてもわけわかめな部分があります。これのせいで、まず相手方が当社ドラフトを理解するのに大変な苦労をします。

次に大変なのが、相手方のコメントは日本語でなされる点です。私限りで諾否判断してしまっていい部分もあり、案件を重ねるにつれその幅も増えていますが、それでも、管轄はアジア本部であり、上司と議論しなければならない点はあるので、相手方のコメントの一部又は大半を翻訳又は要約してあげないといけません。

契約書の翻訳をしたことある人ならば分かると思いますが、単純に、日本語と同等の分量をタイプしなければいけないですし、これが結構な力仕事なのです(多少機会の力を借りれなくもないですが)。案件状況的に厳しい場合は外部リソースを活用することもありますが、自分の社内弁護士としての存在意義にも関わってくるので、そこはうまくバランスを取るように努めています。

また、上記の当社契約のフォーマットに関する事情がゆえに、当社ドラフトの日本語版は「英語版の名残ある不思議な日本語」であり、かつ、それでないと内部で通すのが難しいのですが、相手方としては当然「日本語っぽい日本語」にしたいのが通常です。両方を踏まえて、「どちらにも何とか通じる英語(日本語)」を模索するのですが、英文契約のお作法や英米法と日本法の違い、日本企業の勘所を多少は知っておかないと効率的にできないですね。細かい部分については「もともとが英語だから勘弁してちょ」で済む場合もありますが。

なお、相手方がちゃんとした弁護士付けていて、英語でコメントしてもらえるなら案件スピード上がるでしょうが(日本語版は相手方内部の議論用にこちらで常にアップデートするとして)、それも難しいケースが多いのが実情かなと思います。

契約交渉

契約書についても上記のような感じなので、日本の案件で、英語で契約交渉の会議をするということは少ないです。当社の担当者がアジア本部の者というような場合には、通訳を入れてしまいます(弁護士が通訳するというケースもありますが、流石に通訳ほど完全にはできませんし、コストもヤバいので…)。当社の担当者が英語、相手も外資系というような場合には英語の会議もありますけどね。日本以外のアジアの案件をやるときは、もちろん100%英語です。

 

以上が、私の現在の業務における英語の大まかな使用状況です。時間ベースで言えば、四六時中英語を使っているというわけでもないのですが、使用する場面・重要性を踏まえると、日本語と英語の比率は1:1(どちらも同じように重要かつ所与のもの)というのが正直な感覚です。

正直最近は何もしていないのですが、機会があれば、英語の研鑽として業務内外で何をしているか(してきたか)記事にしてみようかなと思います。数か月後に…

コメント

タイトルとURLをコピーしました