スポンサーリンク

勝ち組弁護士の就職活動(大手企業法務事務所編)

法律事務所

旧司法試験に続いて、(時系列的に)当時の就職活動について書こうと思います。

タイトルからして煽りにいっていますが、弁護士といっても、庶民の味方の人権派弁護士もいれば、大企業の味方のビジネスローヤーもいるし、何をもって良しとするかは人それぞれという傾向が強い職業なので、勝ち組とか負け組とかいう世俗的な発想に左右される人は、そもそも弁護士に向いていない気もします(増えてますが)。まあ今回は、一般にエリートと呼ばれてしまっている大手企業法務系の法律事務所での就職活動について書きます。

ざっくりいうと以下のような感じです(※2010年前後の話)。

 ① 試験に合格したらすぐに就職活動が始まっている
 ② 就職活動とは、うまい飯食って、気の合う人が多いところを選ぶだけ
 ③ 初任給はだいたい1200万くらい

① 試験に合格したらすぐに就職活動が始まっている

無事に口述試験も突破し、正式に司法試験の合格発表があったのが11月ころだったと思います。私のときの修習は翌年の4月からだったので(今は、9月とかに発表して直後の11-12月くらいに始まる感じでしょうか。昔は、在学生は大学があるから4月まで無理でしたが、今の受験生は法務博士という名のニートですから早く修習始めてあげないといけない)、とりあえず残りの学生生活を楽しむ気満々でした(大学中を見渡しても、在学中の合格者は自分しかいなかったので、完全に調子乗ってました)。

そんなある日、何気なく2ちゃんをやっていると、「おまいら、〇〇の事務所訪問エントリーしたか」的な会話が行われているのを発見しました。

最初は、「いやいや、合格発表あったばっかりでまだ修習も始まってないのに何言ってんだこのウスラトンカチ」としか思わなかったのですが、その情報をもとに色々調べた結果、本当に事務所訪問的なイベントが開催されていることと、世の中には四大と呼ばれる、限られたものしか行かない企業法務事務所(今は消えましたが、私のころはまだ「渉外」という呼ばれ方もしてましたね)が存在していることを初めて知りました。思えば、2ちゃんが存在していなければ私の今の人生はあり得なかった、ありがとう2ちゃんねる。

今のロースクール生は、四大法律事務所の存在も当然知っているし、情報も共有されるからいいですが、一人寂しく司法試験を目指していた私としては、「え?進路って、修習の経験を踏まえて決めるもんなんじゃないの?」っていう気持ちだったので、結構びっくりしましたね。

このように、大手の企業法務法律事務所は、司法試験に合格したと思ったら束の間、すぐに就職活動が始まっているのです(新司法試験になってからは、合格したらすぐどころか、合格かどうか分かる前に始まりますからね)。

② 就職活動とは、うまい飯食って、気の合う人が多いところを選ぶだけ

このように、もう就職活動が始まっていたことに多少面食らった自分ですが、肝心の就職活動の内容は、その言葉から通常の人が想像するものとは全然かけ離れているものでした。

事務所によって多少の違いはあれ、とりあえず、集団での事務所説明会を開催し、その後、希望者あるいは基準を満たす合格者は個別に呼び出して面接を行うというスタイルです。

そして、在学中に合格か、卒業後1-2年で合格の東京早慶(2年は若干微妙)で、人間的に大丈夫ならオッケーという感じです。それ以上の年齢の方は、公認会計士資格持ってるとかいう特殊スキルがなければ基本的に門前払いです。

私のときも、志望動機を聞かれて、「とりあえず事務所説明会で事務所の概要を聞きたかったのですが、そしたら自動的に事務所訪問にもエントリーされちゃってたので、来ました」みたいな舐めプしてたんですが、最終的には受かりました(もちろん、上記のやり取りのあとはちゃんと真剣な話をしました)。

そして面談といっても、基本的には世間話をして、高級なランチかディナーに連れていってもらい、熱く、ときに暑苦しい話を聞くだけだったりします。司法試験で実力が担保されている以上、人間性くらいしか見るところないわけです。

なお、当時は貧乏学生だったので、飯はマジでうまかったし、本当に全く違う世界に来てしまったという感覚でした。

結局、四大法律事務所なんて存在も知らなかったわけですが(企業法務には漠然と興味ありました)、四大とか英系の法律事務所でいうマジックサークルとかいう響きがよかったのと(なお、外資系は新人が行くところではありません。たまに意識高い系が希望しますが、薦めません)、飯がうまかったのと、(飯食って飲んでるだけなのに)スーツ着て就職活動するのに疲れてきたのもあって、気の合いそうな弁護士の多い事務所に、えいやで決めました。

四大からどこを選ぶかというのは(今のロースクール生含む)就活生が常にぶつかる問題ですが、仕事の内容は同様だし、どこの事務所の弁護士も立派だと思うし、これはもう縁とか直観としか言いようがありません(ただ、個人的には、カタカナ入っているところは普通に1ランク落ちていると思います。他は、競合でありながらも素直にリスペクトしており、カウンターパーティーについていると、ディールが法的に間違うことはないとか話がちゃんと通じるだろうという意味で、安心すらしました)

③ 初任給はだいたい1200万くらい

今は知りませんが、当時の四大の1年目の給料の相場は横並びでこの金額でした。金のために弁護士になったんじゃない、と言いながらも、22歳の貧乏学生にとっては、顔がにやけてしまうことは避けられない金額です。

額面だけでみれば、社会人1年目がもらう金額としては非常に高額だとは思いますし(実際に働いてみて、1年目に少ないなと思ったことはありません。)、社会の色々な職種との比較で、金額に見合ったバリューを産み出せていると断言まではできません(先行投資的なところはあると言われたこともあります)。

ただ、この金額をもらって恥ずかしくないだけの質・量の仕事を与えられることになりますので、安心して(?)、「1200万円分働かされる」と思って入所してくればいいと思います(実際、私は時給換算で3000円切るくらいに働きました)。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました