スポンサーリンク

留学生活の始まり-シカゴ到着-

留学生活(シカゴ)
(昔のブログ転載&修正保存)留学中のブログという黒歴史を発見し、せっかくなので本ブログに少しずつ転載していくことにしました。なお、何年も前の話であり、現在とは多分に事情が異なる可能性が高いので内容は鵜呑みにしないでください。

留学生活への旅立ち – LLMへ

このたび、アメリカのロースクールで1年間勉強するために単身渡米することに。企業法務を取り扱う弁護士は、数年日本で働いた後に、アメリカのロースクールの外国人向けの1年間のプログラム(LLM)で勉強してニューヨーク州の弁護士資格を取ってくるのが定番になっています。

最近では留学先もアメリカに限られず多様化していますが、私はオーソドックスにアメリカのLLMに通うことにしました。私が引っ掛かったロースクールはシカゴにあるため、約1年間のシカゴライフを送ることになります。海外生活などしたことはないし、つい最近まで海外旅行にも行ったことのない人間でしたが、特に不安はありませんでした。

アメリカ留学なんて腐るほど経験者がいて何とかなることは分かっていますし、何よりも、日々の社畜暮らしからしばらく逃れられると思えば、不安なんて吹き飛んでしまいます

留学の時期 – 留学にはなるべく早く行け

留学にはなるべく早く行きたいと考えていました。なぜなら、固定給の雇われ弁護士なんて、他の職種より平均的に給料が高くても所詮経営者にこき使われ搾取される身であり、事務所の援助で留学せずに転職するのは非常にもったいないし、留学せずにウダウダしてれば飼い殺されても文句は言えない(別に私の事務所がそんなブラックだと言っている訳ではないです)。

さっさと留学を済ませて自分に市場価値を付けたうえで、雇われ先に骨を埋めるのか、新たな活躍の場を求めるか判断するのが賢明というのが私見です(ただ、援助を受けて留学に行きそのままいなくなるのは不義理と思っています)。あとは、年を食えば食うほど感受性が衰えて、留学先で吸収するものが減ってしまうのではないかという不安があったのも理由です。

大手事務所では、最低限の勤務年数の条件はあっても、それ以降いつ留学に行くかは、本人の自主性に委ねられている部分が大きいと認識しています。しかし、日本人の英語能力に関する致命的欠陥(=TOEFLのスコアが取れない)と日々の業務の多忙さゆえに、「来年行きたい」と毎年言い続ける人間は多いです。

私も例に漏れず残念なTOEFLの成績でしたが、留学先のランクに拘らなかったこともあり、適当に受かったロースクールのオファーを受けて無事留学することにしました。受かった数より落ちた数の方が多かったです。

シカゴ到着 – アパートは出国前に契約すべきか

そういう経緯で、ついに超大国アメリカの地に降り立ちました。着いたのはシカゴ最大のオヘア空港。オヘアというと、バッキーオヘアというマニアックなアクションゲームを思い出します

日頃から9時-5時(AM-AM)のトチ狂った生活をしているおかげか時差ボケはあまり感じませんでしたが、愚かにもワールドカップの決勝と同じ時間帯のフライトを取ってしまい、決勝を見逃したためテンションが上がりませんでした。

入国審査で追い返されたらどうしようと無駄な心配もしましたが、すんなり通過。荷物も多かったので、タクシーでダウンタウンのホテルへ。

チェックインを済ませて、翌々日から契約開始となるアパートに賃料を渡しに行きます。出国前に契約は済ませていましたが、通常はアメリカに来て実物を見てから家を決めるほうが無難と思います。ただ、私の通ったLLMの日本人は、ほとんどが大学から徒歩圏内の特定のエリアに住むので、LLMの同期や先達が住む場所に住めば大外れはなく、英語での交渉やホテル暮らしの費用・労力を考えると、事前に決めてしまって良かったと思います。

郵便局に立ち寄って、マネーオーダーという小切手的なものを家賃分購入し、アパートへ。日本からやりとりをしているとき、私は7月15日から住むと言っているのに7月31日から開始する契約書を送ってこられたりと、アメリカの洗礼を受けていたので不安もありましたが、ちゃんとした人達でした。

新生活の拠点 – 家賃は東京と同等かやや高め

リーシングオフィスでマネーオーダーの受渡しを完了した後、いまさらながら部屋を内見。onvertibleと銘打っておきながら、動かない壁によって完全にConvertedされたStudioタイプのお部屋。Convertibleってことは、この壁、壊してもええんか(ダメです)。

東京の家よりも家賃が高く、財政には大打撃ですが、部屋は広く眺めは最高。トップ画像の、二本角が生えているのはジョンハンコックタワー。右奥に見える水面はミシガン湖。

明後日からここで、シカゴでの新生活が始まります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました